付近

ヘルニアというものは正式には「椎間板ヘルニア」と呼ばれ、背骨と背骨の間でクッションと同様の役目をする椎間板(ツイカンバン)というやわらかい組織が飛び出てしまった様子を称しているのです。
現在の病院の手術室には、W.C.や器械室、手術準備室(operating preparation room)を設置し、オペ中にレントゲン撮影できるX線装置を設置しておくか、付近にレントゲン用の専門室を併設しておくのが一般的だ。
下腹部の疼痛を起こす病には、盲腸と間違うことの多い大腸憩室症、腎や膀胱などの尿路結石症、大腸粘膜に潰瘍ができる潰瘍性大腸炎、緊急性の高い急性腹膜炎、子宮の病気などがまずみられます。
学校や幼稚園のような大規模な団体生活をする際に、花粉症の症状が原因で他のみんなと同時に外で思いっ切り行動ができないのは、本人にとって寂しい事でしょう。
世間では水虫=足、中でも足の裏や指の間に発症する病気として知られていますが、白癬菌にかかるのは決して足だけではないので、体の様々な部位にかかってしまう危険性があります。
筋緊張性頭痛というのは仕事や勉強などでの肩凝り、首の凝り、張りが誘因の最も多いタイプの頭痛で、「頭をギューっと締め付けられるような激しい頭痛」「重いような酷い痛み」と言われています。
BMI(体重指数を算出する式はどこの国も共通ですが、BMI値の評価は国単位でそれぞれ異なっており、JASSOではBMI値22を標準体重とし、25以上の場合だと肥満、BMI18.5未満を低体重と定義しているのです。
高齢の人や慢性的な持病を患っている人などは、より肺炎に罹りやすくなかなか治らない傾向にあるので、予防策の徹底やスピーディな手当が肝要なのです。
心筋梗塞というのは心臓の周りにある冠動脈の動脈硬化によって血液の通り道である血管の内腔が狭まってしまって、血液の流れが途切れ、酸素や大切な栄養が心筋に配達されず、筋肉細胞自体が壊滅状態になる大変恐ろしい病気です。
陰金田虫とは、医学的に股部白癬(こぶはくせん)という病名を持ち、カビの一種である白癬菌が股間や陰嚢、臀部などの部分に何らかの理由でうつってしまい、寄生してしまう病気のことで俗に言う水虫です。
3種類のアミノ酸からできているグルタチオン(GSH)には、細胞の機能を不十分にしたり突然変異を誘引する人体に有害な物質を身体の内側で解毒し、肝臓の力を強化するような性能が判明しているのです。
クモ膜下出血とは9割弱が「脳動脈りゅう」という脳の血管にできた不要なコブが裂けて脳内出血することで引き起こされてしまう命にかかわる深刻な病気なのです。
男性だけにある前立腺はその成長や活動にアンドロゲン、即ち男性ホルモンが大きく関係しており、前立腺に出現してしまったがんも同様に、雄性ホルモンの作用で肥大化します。
めまいは起こらないのに、長く続く耳鳴りと低音域の難聴だけをいつまでも繰り返すタイプのことを区別して「蝸牛(カタツムリ)型メニエル病(Cochlear Meniere’s Disease)」という名前で呼ぶ場合があるとのことです。
「肝機能の低下」については、血液検査項目のASTやALT、γ-GTP等3つの値によって確認することができますが、ここ2、3年肝臓の機能が悪化している人達が明らかに増加しているということが判明しています。