足の裏

我が国における結核対策は、1951年制定の「結核予防法」にならって推奨されてきましたが、56年後の2007年からは数多くある他の感染症と同様に「感染症法」という名称の法律に従って行われることとなりました。
世間では水虫といえばまず足を連想し、中でも足の裏や指の間に現れる皮膚病として知られていますが、原因菌である白癬菌が感染するのは決して足だけではないので、体のどこにでもかかってしまう可能性があるのです。
日光に当たると生成されるV.D.は、カルシウムが吸収されるのを促進するという特質が知られていて、血中の濃度をコントロールして筋肉の動作を適切に操作したり、骨を作り出したりします。
骨を折って多量に出血した状態では、血圧が急降下して目の前が暗くなるようなめまいやふらつき、冷や汗、胸のムカつき、座っていても起こる意識喪失などの不快な脳貧血の症状が見られる場合もあります。
ハーバード大学医学校(HMS)の研究によると、普通のコーヒーと比較して1日2〜3杯のカフェインの取り除かれたコーヒーを代用することで、なんと直腸ガンの発生率を5割も減少させることができたそうだ。
環状紅斑というものは環状、つまりはまるい形状の赤い色の湿疹や鱗屑など、皮膚症状の総合的な病名であり、その素因は全くもって様々だといえます。
ブラッシングなどで、入居者さんが猫のことを可愛いと思った時に「絆のホルモン」とも呼ばれるオキトキシンが分泌された結果、ストレスを緩和したり癒しに繋がります。
学校や幼稚園等の大勢での団体行動において、花粉症が要因でクラスの皆と一緒に楽しく走り回れないのは、当事者にとっても寂しい事でしょう。
強い痛みを伴うヘルニアというのは正しくは椎間板ヘルニア(ついかんばんヘルニア)といい、背骨と背骨の間に存在する緩衝材のような役目を果たしている椎間板(ツイカンバン)という柔らかい円形の線維軟骨が飛び出してしまった症例を表します。
下腹の強い痛みを起こす病気の一例として、虫垂炎と間違うことの多い大腸憩室症、尿管などに石ができる尿路結石症、炎症性腸疾患のひとつである潰瘍性大腸炎、腹部の外傷で発症することもある急性腹膜炎、卵巣の疾患などが真っ先に挙がります。
抗酸菌の結核菌は、菌に感染した人が「せき」をすることで空間に散布され、空気中にふわふわ流れているのを他人が吸い込むことで感染していきます。
軽傷の捻挫だと自己判断してしまい、湿布をして包帯やテーピングで一応患部を固定し、そのまま様子をうかがうのではなく、応急処置してからスピーディに整形外科の医師に診てもらうことが、早く完治させる近道となるでしょう。
生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病というのは、膵臓に存在しているインスリンを分泌する働きを持つβ細胞が何らかの理由で破壊してしまったことにより、患者の膵臓から必要量のインスリンが出なくなり発病する種類の糖尿病です。
AIDSはヒト免疫不全ウイルス(HIV=human immunodeficiency virus)の感染が原因となって罹患するウイルス感染症の病名であって、免疫不全へと至り些細な真菌などによる日和見感染や悪性腫瘍等を併発する病状の事を指し示します。
ビタミンB1不足が原因の脚気の症状は、主に手や足がジンジンと痺れるような感覚があったり脚の浮腫みなどが典型で、発症から時間が経ってしまうと、最も深刻なケースでは呼吸困難に至る心不全などを発症することがあるのです。