糖尿病

「いつも時間がない」「上辺だけのいろんなお付き合いが嫌でたまらない」「先端テクノロジーや情報のハイレベルな進歩になかなか付いていけない」など、ストレスを受けてしまう誘因はみんな異なります。
日々の規則正しい日常生活の維持、腹八分目の実行、持続可能な運動やスポーツ等、古典的とも思える体への注意点が老化対策にも活用されるのです。
最大の臓器である肝臓に中性脂肪(中性脂質)や食物由来コレステロールが多く溜まった脂肪肝(しぼうかん、fatty liver)という病気は、糖尿病等々いろんな健康障害の合併症の素因となる恐れがあるのです。
痩せたいためにカロリー摂取を抑える、食事を抜く、そのような生活を続けると結果として栄養までもを不足させ、慢性の酷い冷え性をもたらすことは、何度も問題視されているのです。
心筋梗塞は心臓の周りを取り囲んでいる冠動脈の動脈硬化により血管内が狭くなってしまい、血液の流れが止まって、大事な酸素や栄養が心筋まで配達されず、ほとんどの筋細胞が機能しなくなる大変危険な病気です。
体を維持するのに必要なエネルギー源としてすぐに働く糖、細胞の新陳代謝に必要となる蛋白質など、度の過ぎたダイエットではこうした様々な活動を維持するために欠かすことができない要素までも乏しい状態にする。
胃食道逆流症の一つである逆流性食道炎は、約1週間服薬すれば、一般的に9割近くの人の自覚症状はゼロになりますが、そうは言っても食道粘膜の炎症反応が治癒したわけではないので気を付けましょう。
生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病は、膵臓に在る血糖値を下げるインスリンの源であるβ細胞が何らかの理由で壊されてしまい、結果的に膵臓から血糖値を正常に保てるだけのインスリンが分泌されなくなることで発病するという種類の糖尿病です。
下腹部の疝痛をよく起こす主な病には、虫垂炎と混同しやすい大腸憩室症、5mm〜10mm大の石ができる尿路結石症、炎症性腸疾患のひとつである潰瘍性大腸炎、無菌の腹腔内に炎症が起こる急性腹膜炎、女性特有の病気など、色々な部位の病気が聞かれます。
骨折したことにより大量出血してしまった際、低血圧になって周囲が揺れ動いてみえるようなめまいや冷や汗、吐き気、顔面蒼白、立っていなくても起こる意識消失などの脳貧血が起こるケースもよくあります。
ただの捻挫だと勝手に決め込んで、包帯やテーピングテープなどで一応固定し、そのまま様子をみるのではなく、応急処置を施した後すぐに整形外科を受診することが、早く快癒させる近道となるのです。
基礎代謝量(kcal)というのは睡眠中ではなく覚醒状態で命を維持していく(鼓動、鼻からの呼吸、腎機能の動き、体温や筋肉の緊張の保持など)ために必要となる理論上の最小限のエネルギー消費量の事を指しているのです。
通常は水虫といえば足を想像し、ことさら足指の間にできやすい病気だと勘違いされやすいのですが、原因菌である白癬菌が感染する場所は足しかないのではなく、体の色んな部位にも感染してしまうという可能性があるので気を付けましょう。
耳鼻科で診てもらえる花粉症とは、杉やヒノキ、マツ、ブタクサなどの花粉が原因物質となって、くしゃみ・皮膚のかゆみ・喉の痛み・鼻詰まり・鼻水などの辛いアレルギー症状を発症させる病気だということは、今や常識となりました。
子供の耳管の特徴は、大人の耳管と比較して太めで短い形状で、且つ水平に近いため、細菌が潜り込みやすくなっています。大人より子どもの方が急性中耳炎にかかりやすいのは、これが原因です。