血液が流れる音

ビタミンB1不足が原因の脚気(かっけ)の症状は、両手両足がジンジンと痺れたり下肢の著しい浮腫などが中心で、症状が進んでしまうと、悲しいかな、呼吸困難に陥る心不全などを招くことがあるようです。
汗疱というのは掌や足の裏、または指の隙間などにブツブツの水疱ができる疾患で、通称汗疹(あせも)と呼ばれ、足裏にできると足水虫と勘違いされることが結構あります。
不快な耳鳴りには本人だけに感じられるような「自覚的耳鳴り」と、血液が流れる音などのように当事者と他の人にも品質の高いマイクロホンを利用してみると感じるらしい「他覚的耳鳴り」があります。
子どもの耳管は、大人に比べると太めで長さがあまりなく、加えてほぼ水平になっているため、様々なばい菌が進入しやすくなっているのです。乳幼児がよく急性中耳炎を起こすのは、これが関係しています。
エイズ(AIDS)とはヒト免疫不全ウイルス(human immunodeficiency virus)の感染によって起こるウイルス感染症のことであり、免疫不全を引き起こし些細な病原体が原因の日和見感染や悪性腫瘍を発症する病状を指しています。
人間の体を維持するのに必要なエネルギー源として瞬時に働く糖、細胞の新陳代謝に必須のタンパク質など、過度のダイエットではこのように体調を保障するために外せない栄養素までもを減少させている。
V.D.は、カルシウムが体内に吸収されるのを促す特長で知られており、血中のカルシウム濃度を操作し、筋繊維の活動を適切に調節したり、骨を作ります。
クシャミ、鼻みず、鼻づまりに目の痒み・異物が入っているような感覚などの花粉症の代表的な症状は、アレルギーの原因物質となる花粉の飛散量の多さに沿って悪化の一途を辿ってしまうデータがあると言われています。
ロックミュージシャンのコンサートの開催される施設やダンスするための広場などに設置された特別仕様の大型スピーカーの正面で爆音を聞いて耳が聞こえにくくなることを「急性音響性障害(きゅうせいおんきょうせいしょうがい)」と言うことをご存知でしょうか?
アミノ酸の一つグルタチオン(Glutathione-SH)は、細胞の機能を悪化させたり突然変異を誘引する悪影響を及ぼす有害物質を体の中で無毒化し、肝臓の能力を強める役目が判明しています。
吐血と喀血、どちらも口から血を吐くことに違いはありませんが、喀血は喉から肺へと至る気道(きどう、呼吸器のひとつ)からの出血のことで、吐血というのは無腸間膜小腸より上部にある食道などの消化管から出血することを表しています。
アルコールを分解するという作用のあるナイアシンは、宿酔によく効きます。不快な宿酔の元凶物質だといわれるエタナール(アセトアルデヒド、acetaldehyde)という化学物質の分解に関係しているのです。
ちょっとした捻挫だろうと自己判断して、湿布を貼って包帯やテーピングで患部を適当に固定し、様子を窺うのではなく、応急処置してから素早く整形外科へ向かうことが、完治への近道に繋がるのです。
PC画面の青い光を低減させるPC専用の眼鏡がことさら人気を集める理由は、疲れ目の消失にたくさんの方々が惹かれているからだと思っています。
日常的に肘をついた横向きの状態でTVを見つめていたり、テーブルの上で頬杖をついたり、ヒールの高い靴を日常的に履いたりというようなことは体の左右の均衡を崩してしまう要因になります。