爆発事故

WHO(World Health Organization、世界保健機関)は、人体に有害なUV-A波の異常な浴び過ぎは皮ふ病をもたらすとして、18歳以下の若人が肌を黒くする日焼けサロンを使うことの禁止を強く推奨しています。
チェルノブイリ原発の爆発事故に関する数十年に及ぶ被害者の追跡調査の結果をみると、大人と比較して体の小さな子どものほうが広まった放射能の有害なダメージをよく受容することが判明しています。
ばい菌やウィルスなど病気を生み出す病原微生物が口から肺に入って感染してしまい、肺の内部が炎症反応を示していることを「肺炎」と称しているのです。
ピリドキサールは、様々なアミノ酸(Amino acid)をTCAサイクル(tricarboxylic acid cycle)と呼ばれるエネルギー源を活用するために欠かせない重要な回路に導入するために再度クラッキングすることを促進する働きもあると言われています。
一度永久歯の周囲のエナメル質を減らすほど放置してしまった歯周病は、万が一病状そのものが和らぐことはあっても、なくなったエナメル質が元の量に復元されることは無いに等しいのです。
ヒト免疫不全ウイルス(HIV)を保有した血液や精液のほか、腟分泌液や母乳といった類の体液が、看病する人や交渉相手などの傷口や粘膜などに触れると、感染するリスクが高くなるのです。
亜鉛は、DNAや蛋白質の合成に働く酵素や、細胞もしくは組織などの活動に関係する酵素など、200種類以上存在する酵素の構成物質として非常に重要なミネラルだといわれています。
基礎代謝(きそたいしゃ)というものは人間が何もせずに横たわっていても必要なエネルギー量であり、大方を様々な筋肉・最大の内臓である肝臓・大量の糖質を必要とする脳が使っていると考えられています。
環状紅斑というものは環状、要は円い形状の紅っぽい発疹や鱗屑など、様々な皮膚疾患の総合的な病名で、誘因は実に多種多様ということで知られています。
肝臓を健やかな状態に保持し続けるためには、肝臓の有害物質を無毒化する力が低くならないようにすること、要は、肝臓を老けさせない対策を迅速に開始することが必要でしょう。
虚血性心疾患の心筋梗塞というのは心臓の周りを走る冠動脈の動脈硬化によって血管内の空間が細くなって、血液の流れが止まって、大切な酸素や栄養が心筋に配達されず、筋肉細胞自体が壊死するという深刻な病気です。
胸部圧迫感を主訴とする狭心症の外科手術としては大方の病院で「大動脈内バルーンパンピング法(IABP)」と「冠動脈(かんどうみゃく)バイパス移植術(CABG)」の2つの術式が熱心に使われています。
乳児が受ける不活化ポリオワクチンは、従来の生ワクチンにかわる新しい手段として、2012年9月1日から原則無料の定期接種となるので、集団接種ではなく病院などで接種してもらうスケジュール管理の必要な個別接種の扱いに変更されています。
子どもの耳管は、大人の耳管と比較すると幅が広くて短めの形状で、且つ水平に近いため、様々な細菌が潜り込みやすくなっているのです。大人より子供の方がよく急性中耳炎を発症するのは、この事が関係しています。
肥満(obesity)はあくまで摂取する食物の内容や運動不足が要因ですが、量の等しいごはんであっても、慌てて食べ終わる早食いをすることにより体重過多に陥っている肥満の状態を招く恐れがあります。