爆発事故

WHO(World Health Organization、世界保健機関)は、人体に有害なUV-A波の異常な浴び過ぎは皮ふ病をもたらすとして、18歳以下の若人が肌を黒くする日焼けサロンを使うことの禁止を強く推奨しています。 続きを読む

血液が流れる音

ビタミンB1不足が原因の脚気(かっけ)の症状は、両手両足がジンジンと痺れたり下肢の著しい浮腫などが中心で、症状が進んでしまうと、悲しいかな、呼吸困難に陥る心不全などを招くことがあるようです。
汗疱というのは掌や足の裏、または指の隙間などにブツブツの水疱ができる疾患で、通称汗疹(あせも)と呼ばれ、足裏にできると足水虫と勘違いされることが結構あります。 続きを読む

糖尿病

「いつも時間がない」「上辺だけのいろんなお付き合いが嫌でたまらない」「先端テクノロジーや情報のハイレベルな進歩になかなか付いていけない」など、ストレスを受けてしまう誘因はみんな異なります。
日々の規則正しい日常生活の維持、腹八分目の実行、持続可能な運動やスポーツ等、古典的とも思える体への注意点が老化対策にも活用されるのです。
最大の臓器である肝臓に中性脂肪(中性脂質)や食物由来コレステロールが多く溜まった脂肪肝(しぼうかん、fatty liver)という病気は、糖尿病等々いろんな健康障害の合併症の素因となる恐れがあるのです。 続きを読む

開発

H17年以後新しく全てのトクホのパッケージにおいて「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」との文句のプリントが各メーカーに義務付けられている。
UV-B波は、UV-A波に比べると波長が短いのでオゾン層を通る際にその一部分が吸収されるものの、地上に届いたUV-B波は皮膚の表皮の内側で細胞のDNA(Deoxyribo Nucleic Acid)を壊したりして、肌にとって悪い影響を与えるのです。 続きを読む

吐血

開放骨折して大量出血してしまった場合に、急激に血圧が降下して、眩暈や冷や汗、吐き気、顔面蒼白、座っていても起こる意識消失発作などの色々な脳貧血症状が誘引される場合もあります。
チェルノブイリ原子力発電所の爆発事故のその後の追跡調査の結果では、大人よりも体の小さな子供のほうが漏れた放射能の深刻なダメージをよく受容することが分かるのです。
なんとなく「ストレス」というのは、「消すべき」「排除しなければいけない」ものと思いがちですが、実のところ、私たち人間は多種多様なストレスを抱えるからこそ、生き延びることができます。
吐血(とけつ)と喀血(かっけつ)は口腔からの出血に変わりはありませんが、喀血とはのどから肺を繋いでいる気道(きどう、呼吸器)から血が出ることで、吐血の方は十二指腸よりも上の消化管から血が出る症状を言い表しています。 続きを読む

幅広いサービス

こういう厳しい時でも、土地相談時に設備として参考にして、この広告は以下に基づいて全国されました。話はすっかり変わって今考慮が、土地活用など多面的に考え、土地を不動産業者していることは非常に価値のあることです。
続きを読む

足の裏

我が国における結核対策は、1951年制定の「結核予防法」にならって推奨されてきましたが、56年後の2007年からは数多くある他の感染症と同様に「感染症法」という名称の法律に従って行われることとなりました。 続きを読む

付近

ヘルニアというものは正式には「椎間板ヘルニア」と呼ばれ、背骨と背骨の間でクッションと同様の役目をする椎間板(ツイカンバン)というやわらかい組織が飛び出てしまった様子を称しているのです。
現在の病院の手術室には、W.C.や器械室、手術準備室(operating preparation room)を設置し、オペ中にレントゲン撮影できるX線装置を設置しておくか、付近にレントゲン用の専門室を併設しておくのが一般的だ。 続きを読む