付近

ヘルニアというものは正式には「椎間板ヘルニア」と呼ばれ、背骨と背骨の間でクッションと同様の役目をする椎間板(ツイカンバン)というやわらかい組織が飛び出てしまった様子を称しているのです。
現在の病院の手術室には、W.C.や器械室、手術準備室(operating preparation room)を設置し、オペ中にレントゲン撮影できるX線装置を設置しておくか、付近にレントゲン用の専門室を併設しておくのが一般的だ。 続きを読む

睡眠

狭心症(angina pectoris)の外科処置では大方の病院で「大動脈バルーンパンピング法(IABP)」と「冠動脈大動脈(かんどうみゃくだいどうみゃく)バイパス術(CABG)」の2つの治療が頻繁に導入されています。 続きを読む

減少

痩せたいために1日の総カロリーを控える、食事をわざと残す、などの食生活を続けると栄養までもを不足させ、深刻な慢性の冷え性を誘引していることは、多くの医療関係者が危惧されています。
患者数が増加しているうつ病では副交感神経が優位になると脳内で分泌される神経伝達物質である「セロトニン」が足りず、不眠、憂うつ感、著しい倦怠感、食欲低下、体重減少焦り、極端な意欲の低下、そして重症化すると自殺企図等の危険な症状が心身に現れます。 続きを読む